原材料名欄って確認しています?糖尿病患者さんに癖にしてもらいたい行為。

スタッフブログ
Pocket

西武池袋線で池袋から一駅、椎名町駅から徒歩2分のアーケード商店街内の3Fにある漢方薬店互善堂の小内です。椎名町という地名はなく、住所は長崎。東京の豊島区の長崎です。

さて、個人的な話ですが、私はいわゆる糖尿病家系です。で、家族と話をしていたら、およそ常識だと思っていたことを家族が知らないことに気づき、ブログのネタにしようと思った次第です。

加工食品のパッケージの裏には品名や原材料名が書かれた場所があります。これは何によって作られたものかを示す表示として、加工食品には必ず記載されている必要があります。そして、この原材料名の記載順は一番多く含まれているものから順に書かれています。

家族が低血糖でフラフラしているときにスポーツドリンクを飲んだらシャキッとしたというので、そりゃ、ほぼ糖分なんだから低血糖が治るのは当たり前だと言うと、、家族はポカンとしていらっしゃる。え?パッケージの裏にある原材料名を見てくださいよ、一番最初に糖類と書いてあるでしょうと。飲めば甘いし、ほぼ糖類ですから。ご存知なかったようです。上白糖100gでその炭水化物は99gに相当するそうなので、このスポーツドリンクの粉末は48g中、炭水化物の量は46g。うん、ほぼ砂糖。(認識が間違っていたらごめんなさい)

と言うことで、家族には加工品の原材料名はよく確認すること、病院での血液検査前に食事を食べない代わりにスポーツドリンクを飲めば血糖値は上昇し、血液検査の結果にも反映することを伝えました。

糖尿病患者さんや予備軍、及びダイエットをしている人には必ず癖づけてもらいたいこと、それはパッケージの裏の原材料名の順番です。一番最初に来たものが一番多く入っていることは覚えておいてください。摂取する炭水化物(糖質)を減らそうと思っているのに、多くの加工品の上位に砂糖、ブドウ糖など糖類は入っています。できる限りそういったものを避けたいと思っているはずです。加工品は割と簡単にどのぐらい糖質が入っているのかを確認することができます。ぜひ、食べようと思ったもののパッケージをひっくり返して原材料名を確認する癖をつけてみてください。

ちなみに、化粧品にも同じような要領で記載されています。洗剤などもそうですね。ほぼ水です。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました